過去の嫌な出来事を忘れたらココロが軽くなったという話。

ハート型の本のページ

私は、少し前まで過去のつらい経験を忘れたくても忘れられなくて苦しい思いをしていましたが、特別な道具を使わずにゆるりと忘れることができました。
良かったら試してくださいね。

私は心理学や精神医学などの専門家ではありません。

自分で経験したことをこのブログに書いています。

出来事の大きさや感情などは個人差があるので、すべての人に反映されるとは限りません。ご参考までになさってください。

過去の嫌な出来事を忘れる方法

笑顔

過去の嫌な出来事を忘れる方法は、『忘れなくてもいい』と思うことです。
それだけです。
特に道具は使いません。

シンプルすぎますよね。
場所は、あなたの好きなところでいいと思います。
自分のココロに『忘れなくてもいいよ』や『忘れなくてもいいかな…』と優しく話しかけてください。
ココロが少しずつ軽くなってくると思います。

苦しかった時のコト

古い時計

私は、20年以上前のある時期に自分を見失ってしまうほどの出来事が一度にたくさん起きてしまい、以来ずっと『過去に起きた嫌な出来事』の記憶と闘い、苦しんできました。

当時は毎日忙しくて物事を受け止めることも頭の中の整理をすることもできないまま時間だけが過ぎていきました。そのため、私の中の時間はあの時から止まったままでした。
それ以来、何をするにもあの時のことが頭から離れられず、家族に八つ当たりしたこともありました。
自分のココロが少しでも軽くなるよう、体を動かしたり、気分転換を兼ねて外出したり、友人とランチしたり、好きな本を読むなど自分の好きなコトをしましたが、すっきりしませんでした。

『嫌なことを忘れるために新しい思い出を作って記憶を上書きする』という方法を聞き、試しましたが、私にはかえってストレスが増える原因になりました。

図書館や書店に行き解決できそうな本を探したり、ネットでも調べていろんなことを試しましたが効果は見られませんでした。

そして、ことあるごとに自分自身を責めました。

いろんな専門家を訪ねてカウンセリングも受けました。
そのたびに慰めてくれる方もいればお叱りを受けることがありました。
専門家の方と会った後は納得して家路につきますが、数日たつとまた辛くなりました。
会った後の方が前よりも辛くなることもありました。

そうして20数年が経ってしまいました。

解決した時のコト

ティーローズ カフェ

過去の嫌な出来事を忘れる方法を知ったのは、知り合いの方を通じてたまたまお会いした方と話しているときでした。
その方は私よりも少し年上(多分)で女性同士ということで話しやすかったというのもあったと思います。
仕事や趣味のことなどを話しているときに、『悩み』の話になりました。

「ずいぶん前の過去のことなのに、そのことが頭から離れられず辛いです。忘れたいのに忘れられず、そのことがまた、尚更辛いです。悔しい。」

「忘れなくてもいいんじゃない?」

「はい?」

「忘れなくてもいいのよ。忘れようとするから忘れられないのよ。」

「はあ…。???」

言われたときはあまり理解できませんでしたが、忘れよう忘れようとするから尚更忘れられない。今思うと、そうでした。
頭の中で過去に経験した嫌なことを忘れようとすると、自分の中に『何故忘れようとするのか?』という別の感情が出てきました。
それらの複数の感情が自分の頭の中(又はココロの中)でケンカをして、苦しかったのだと思います。

そして自分のココロに『忘れなくてもいいよ』と話しかけたら、それまで嫌なコトとしてインプットされていた一連の出来事が、少しずつ嫌なことではなくなっていきました。

私の場合は、教えてもらった瞬間から『忘れなくてもいい』と自分のココロに話しかけたのでこれまで溜まっていたものが音を立てずにすーっと流れていったような感覚です。

嫌なことを思い出しそうになったら自分のココロに『忘れなくてもいい』と話しかけて、日が経つごとにそれらに関しての捉え方が変わっていきました。

今は穏やかな気持ちで過去のことを振り返ることができますし、家族とエピソードの一つとして話すことができるようになりました。

『過去の”嫌な”出来事』を忘れるということは言い換えれば『過去に起きた出来事の一つ』として頭の中で処理できるのかもしれません。

そして、これまでは自分自身を責めてばかりでしたが、いつのまにか許している自分がいました。

20数年前の出来事はもちろん、それらに関係することも思い出したくなかったのですが、今では少し懐かしく感じます。

同時に長い間いろんなことと向き合い、闘ってきたことや悩んだことが今ではいい思い出になっています。

過去の嫌な記憶を忘れる方法を知ってから、少しずつですが日に日にココロが軽くなり、自分の中の時間がまた動き出したようでした。

一か月以上経ちましたが、数か月前とは比較にならないぐらいに楽になりました。

そして、うれしいことに長年続いていた耳鳴りや肩コリが少し軽くなったような気がしました。

自分のことながら不思議です。

最後に

てのひらの時計

私が20数年前に直面した出来事の一つ一つは、ニュースになるほどの大きな事件ではなかったと思いますが、ココロに大きなダメージを受けたまま長い間苦しむことになりました。
その時の出来事を友人に話すと大体の人は驚いて私に同情しました。
たまたまタイミングが悪かったということもあるだろうし、それらに関係した人たちも悪気があってそうしたわけでもないと思います。
そういう解釈ができるようになったことも、うれしいです。ココロが軽くなって、とても楽になりました。

苦しんだ期間は長かったですが、おかげでいろんな人に出会うことができたし、いろんな意味で貴重な体験ができたので、悪いことばかりの20数年間ではありませんでした。

これからは自分らしい人生を歩んでいきたいと思います。

生きているといろんなことがありますよね。

20数年間苦しんでたまたま巡り合った解決法。

ゆるやかに元の自分に戻ったような感じなので、以前のように苦しんでいた状態にまた逆戻りしそうにも感じません。

教えていただいた方には回復の報告をしました。

苦しみの度合いは計り知れませんが、役に立てたらうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする