手帳をマステでデコ&スケジュール管理。シールや付せんも活用!

手帳

手帳のスケジュール管理グッズとして、マスキングテープ(以下、マステ)は定番になりましたね。

私もマステが好きでよく使っています。

手帳の書き方のムック本が熱い!時間の使い方の見直しを参考に。
ここ最近なのか、手帳の書き方を提案してくれるムック本や書籍を見かけるようになりました。 写真が多くてカラフルで読みやすい内...

↑手帳の書き方のおすすめのムック本に関してはこちらからご覧ください

スポンサーリンク

マステの用途は無限大

マステ

最近のマステは色や柄が豊富で、文房具店や100均ショップなどで購入できます。

また、幅が太いものと細いものがあり使い分けができるので、マステの用途は無限大です。

もともとマステは、文房具ではなく工業用に使われていたのですが、今は多くの人たちに愛用されています。

マスキングテープの歴史は会社と3人の女性たちによって変わった⁉
マスキングテープが好きで、愛用しています。 ちょっと貼り付けたいときなどに、とても便利です。 スポンサーリンク ...

↑マステの歴史に関してはこちらからどうぞ

手帳をマステやシールでかわいく飾ろう(#^^#)

              

マステには直接字が書けるので太いマステは重宝します。

細いマステは、雑誌の切り抜きや写真などを貼るときに便利です。

手帳は、勤め先や家だけでなく外出先でも広げたり、メモを取る機会があるので、そんな時に便利なのはあらかじめ切った状態で売っているマステです。

適当な長さに切ったマステを、使用済みのクオカードや図書カードに貼って持ち歩くのもおすすめです。

マステの粘着力はもともと強くないため、カードの汚れを拭きとっておくとマステの粘着に影響が少なくて済むと思います。

マステをそのまま貼るのもかわいいですが、無地のシールに好きなマステを貼り、好きな型で抜けばオリジナルシールが作れます。

材料や使う道具は100均ショップでも売っていますので、手軽にできます。

お子さんも作ることができると思いますが、型抜きやハサミなど使用する際には、くれぐれも気を付けてください。

手作りシールは、ジッパーの小さい袋に入れて手帳に挟んでおくと重宝します。

(中の2つはマステで、端の2つはシールです)

付せんも活用!

付せん

手帳でスケジュール管理をするとき、付せんも大変便利です。

マステやシール同様、100均ショップにも売っています。

付せんのサイズはいろいろありますが、四角いタイプはやることリスト買い物リストを書いておくと便利です。

買い物の時は外せますし、いらなくなったら処分できます。

スポンサーリンク

まとめ

文房具

筆者は、高校生の頃から手帳をつけています。

その頃は、なぜかいつも黒いボールペンかシャーペンで書いていたのでスケジュールのページはいつも真っ黒な印象でした。

ここ何年かは、カラフルなマステやシール・付せんのような便利でかわいいものが増えて、手帳をつけるのがより楽しくなり、見やすいと思います。

過去の手帳を見返すと、その頃の自分のことがわかるぐらいに日記のような存在です。

日頃、気付いたことなど書いておくのもいいと思います。

手帳をつけると頭の中の整理にも役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする