【ラムネ菓子】のブドウ糖の効果とは? 現代はオフィスでも活躍中。

ハート

デスクワークで集中すると、脳が疲れるのは、体の中のブドウ糖不足が一因と考えられます。

最近広まったのだと思うのですが、職場やスポーツの合間のブドウ糖不足にラムネ菓子が活躍しています。

スポンサーリンク

ブドウ糖不足に意外なお菓子が活躍

パソコンを打つ女性

仕事中の脳の疲れ対策として、ブドウ糖摂取のために森永製菓のラムネ菓子が定番になりつつあります。

なぜ、森永製菓のラムネ菓子がいいかというと、ブドウ糖が主原料(90%使用)で、砂糖と果糖を使用していないからです。

子どものころ好きで食べていたラムネ菓子を、大人になってから食べるとは思っていなかった方が多いのではないのでしょうか。

ブドウ糖を摂ることによって、脳の疲れの他にも飲酒した後に食べると不快なお酒の酔いが軽減されるそうです。

私はお酒を飲まないので試すことはできませんが、調べてみたところ都市伝説ではなく本当のようです。

森永製菓 ラムネ ・プレーン味          (森永製菓 ホームページ参照)

内容量    29g

原材料    ブドウ糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム/酸味料、乳化剤、香料

1本(29g)当たりの栄養成分

熱量     108kcal

たんぱく質  0g

脂質     0.3g

炭水化物   26.2g

食塩相当量  0g

特定原材料  乳

特定原材料に準ずるもの   ゼラチン

製造工場   国内で製造

森永製菓のラムネは、昔から販売しているプレーン味の他にストロベリー味もあります。

上記のラムネに関する数値は、プレーン味のものです。

オフィスで活躍中のラムネ菓子【ブドウ糖】の効果とは?

スマイル

実は、私も時々森永製菓のラムネを食べています。

先に効果を聞いているからなのか、やさしい甘さが疲れた頭にちょうどよく、一粒口に含むだけで脳の活性化にいいような気がします。

ラムネ菓子(ブドウ糖)は美味しいですが、食べすぎに注意しましょう。

ついつい油断してたくさん食べすぎが継続すると、主原料がブドウ糖なので糖尿病を引き起こす原因になります。

最近はデスクワークが多い部署に、森永製菓のラムネ菓子を常備している会社があるそうです。

集中しやすい環境をつくり、仕事の生産性上昇を期待できます。

また、職場に子どものころ食べていたお菓子があるのは、懐かしくて癒されるのではないでしょうか。

仕事の合間に、ホッと一息つくのにちょうどよいです。

ラムネ菓子を口に含んだら、リラックスして良いアイデアが浮かぶかもしれませんね。

2018年冬期に開催された平昌オリンピックでは、カーリングの男子選手が森永製菓のラムネとゼリー飲料を摂る姿が見られました。

カーリングは頭脳・体力ともに消費量が激しいスポーツです。

試合の合間にラムネを食べることによって疲れた脳を少しでもリセットに近づけて、冷静な判断柔軟な思考を導くことに一役買っていたようです。

そのため、オフィスだけでなく体力を使うときにも効果が表れます。

ブドウ糖が含まれているラムネは、即効性はありますが持久力はあまり期待できないので、マラソンなどの時はブドウ糖を使用したラムネよりも、糖質が凝縮されたもの(例:お餅)がおすすめです。

                                (2018年2月追記)

ブドウ糖とは

眠い顔

一度はブドウ糖という名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、ブドウ糖とは一体何でしょうか。

ブドウ糖は、意外と私たちの身近に存在します。

私たちが炭水化物(ご飯・パンなど)を食事で摂ると、体の中で分解されます。

その中でも、もっとも細かい分子になったものの一つがブドウ糖です。

体内のブドウ糖は、エネルギーとして欠かせない栄養です。

糖尿病は、このブドウ糖の摂りすぎや消化不良により血液中にブドウ糖が多くなり、起きてしまう病気です。

ちなみに、血糖値というのは血液中のブドウ糖の割合のことを意味します。

ブドウ糖は果物や蜂蜜に含まれています。

清涼飲料水や栄養補助食品には、ブドウ糖が原料として使われています。

ブドウ糖は、糖尿病と深いかかわりがある名称なので、どうしてもマイナスの印象があるかもしれませんが、私たちが生きていく中で欠かせない栄養素なのです。

スポンサーリンク

まとめ

パソコン

いかがでしたでしょうか。

森永製菓のラムネは、発売されてから40年以上経っているそうです。

子どもの頃は何気なく食べていたラムネ菓子ですが、懐かしさとブドウ糖効果で頭の疲れが解消します。

今後も末永く製造していただきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする