旅行のパッキンググッズ。おすすめ5選。

旅行鞄

泊まりの旅行や遠出をするときは、どうしても荷物が多くなりますね。

家族が多いと尚更ですし、やっと現地に着いたと思ったら忘れ物に気付くこともあります。

パッキングが上手になると、旅先でより楽しい時間を過ごすことができます。

スポンサーリンク

家族全員分のパッキングとパッキングに使うグッズ

スーツケースとパスポート

旅行に出かけるとき、スーツケースやカバンに着替えなどを詰めますが、この時に風呂敷(もしくは使わなくなった大きめのスカーフ)を使うと大変便利です。

風呂敷といっても、きれいな柄や渋い柄まであります。

家族で出かける場合は、風呂敷で家族一人分ずつ着替えを分ける方法、もしくは1日目・2日目…と、家族全員の着替えを風呂敷で日ごとに分ける方法があります。

日ごとに分ける方が、旅先で荷物が散らからずに済むので、おすすめです。

この方法だと、着るときにわかりやすいということもありますが、忘れ物防止にもなります。

例えば、家でパッキングしていて誰かの靴下を用意し忘れても、その場で気づきやすいです。

持って行った着替えを風呂敷から取り出すと、その風呂敷はフリーになるので、旅先でバッグにもなります。

風呂敷を使ってバッグにアレンジする方法が以前話題になりましたが、旅先で応用できます。

スカーフの場合は生地の関係上、重いものは入れることができないかもしれませんが、風呂敷と同じようにバッグを作ることができます。

(生地の構造上、出来ないタイプもあります)

旅先が海外の場合は特に、開放的な気分になって派手な柄であるほど見栄えがします。

また、風呂敷(スカーフ)を使うメリットは、スーツケースやカバンを開けた時にゴチャッとした感じが目に入りません。

バッグを開けると風呂敷のきれいな柄(色)を見ることができ、癒されます。

些細なことかもしれませんが、生活感をなるべく感じないことも、ストレスに比例すると思います。

持ち物リスト作成のススメ

メモ

荷物ではないのですが、絶対に忘れ物をしたくない方には前もって持ち物リストを作っておくことをおすすめします。

何日も前から持ち物リストを作っておき、家族が目につきやすいところに貼っておき、先に鞄に詰めたものにはチェックをしておくとわかりやすいです。

鞄に一旦詰めたものを取り出して使用する可能性があれば、うっかり戻し忘れがないよう、日が近くなったら確認しておくと安心です。

また、家族の目につきやすいところに貼っておくことで、お互いに確認できます。

持ち物リストを作成するのは手間かもしれませんが、旅先で忘れ物に気付いて大きな後悔をすることを考えたら確実な方法です。

100均ショップグッズのススメ

ファンデーション

ストッキングやデリケートな生地の洋服などは、100均ショップなどで売っている洗濯用ネットを旅先に持って行き、着替えたらネットに入れるという風にすると、帰宅した時に洗濯物の仕分けが少しだけ楽になります。

洗濯ネットはあまりかさばらず邪魔にならないと思うので、1~2枚持って行くと重宝します。

洗面所で使うグッズに関しては、使用する時間帯が違う可能性があるので家族各々で分けておく方が楽です。

洗面道具・コンタクトレンズ・シェイバー・化粧品など大人になるにつれて持ち物が多くなります。

お子さんの分も親御さんの分と同様、個別にしておくのもおすすめです。

日常とは違う環境で一人前として接することで自然と自立心が芽生え、自宅に帰ってからも自分のことは自分でするという意識が続くようになります。

その他、こまごましたものを入れるポーチなども、かさばらない100均ショップのものが重宝します。

一つにまとめられる便利で使い勝手がよいポーチもよく見かけますが、凝った仕切りやポケットがついている分、旅行用の割にはかさばったり重量が増えたりとメーカーによっては本末転倒になっているものもあります。

女性の方は、化粧品がかさばると思いますが、下地クリーム・リキッドファンデーションなどは、使用料を小さく切ったラップに包み、コンタクトレンズ(ソフトタイプ)のケースに詰めていくと楽です。

コンタクトレンズのケースも100均ショップに売っています。

長期滞在の時は、凝ったデザインのものの方が便利なことがあります。

逆に、ちょっとした旅行や遠出の時は、簡単なデザインのものの方が使い勝手が良いと思います。

好みがありますが、使い分けをすると最終的な荷物の重量やかさがずいぶん違います。

スポンサーリンク

まとめ

麦わら帽子と小物

いかがでしたでしょうか。

パッキンググッズに関するおすすめは、この5点です。

・風呂敷(使わなくなった大きめのスカーフ)

・洗濯用ネット

・ポーチ

・コンタクトレンズケース(ソフトコンタクト用)

・持ち物リスト

家族で旅行や遠出をするときは、パッキングが憂鬱だったり、面倒に感じたりしますが、なるべくコンパクトにまとめることによって、負担を軽くすることができます。

家族にもわかりやすいパッキングを心がけると、お互いのストレスが減ります。

楽しい時間をお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする