和菓子をお取り寄せで堪能。食べてみておいしかったおすすめ5選。

竹林

和菓子には、季節を感じるものや年間を通して購入できるものがありますが、どちらも目で楽しんだり、おいしさに感動することは共通しています。

実際に食べて、お取り寄せができておいしいと思った和菓子をご紹介します。

お遣い物やご自宅用として、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク‹br›

やきもち (京都市 葵家やきもち総本舗)

鹿威し

※写真はイメージです。

葵家やきもち総本舗やきもちには、名前通りあんこ入りのお餅にきれいな焼き目が付いています。

滋賀県江州米で作られたお餅と北海道産の小豆で作られたつぶ餡が合わさり、とてもやさしい味です。

小ぶりで食べやすい大きさも京都らしくて、人気の秘密だと思います。

そのままで十分おいしいですが、お好みで電子レンジ又はオーブントースターで軽く温めてもおいしく食べられます。

私は実際に行ったことがないのですが、お店が上賀茂神社のすぐ近くにあるので、ご利益がありそうな気がします。

やきもちの賞味期限:夏期3日間  冬季4日間

葵家やきもち総本舗

京都市北区上賀茂本山町339

営業時間 7時30分~17時

定休日  年中無休

TEL 075-781-1594

FAX 075-722-3560

https://www.aoiya.jp/

↑ 葵家やきもち総本舗のやきもちの詳細は、こちらからご覧ください

http://www.aoiya.jp/guide.html#g02

↑ 注文に関してはこちらからご覧ください

ころもち (奈良県生駒市 高山製菓)

稲穂

※写真はイメージです

高山製菓は米菓を中心に製造販売していて、いくつもの種類がありますが、中でもころもちが人気商品です。

ころもちの缶入りはバラ詰めと個々包装があるので、お遣い物と自宅用、どちらにもおすすめです。

袋入りは、120g×10袋入りと詰め替えパック(バラ詰めで450g)があり、リピーターの方の多さを感じます。

少量だけほしいときは、友人や身内等とシェアして購入するとちょうどよいかと思います。

通常はスーパーマーケットなどに卸していないらしく、欲しいときは工場直売所まで買いに行くかお取り寄せでしか手に入らないので、おすそ分けやお遣い物にすると大変喜ばれます。

お中元やお歳暮のシーズンは、込み合うそうです。

特に、12月は注文から到着まで日数がかかる可能性があるそうです。

繁忙期シーズンは、早めの注文をおすすめします。

ころもちの賞味期限:3か月

高山製菓

奈良県生駒市高山町6785

営業時間 8時~17時

(日曜日・祝祭日・お盆休み・年末年始はお休み)

フリーダイヤル 0120-6666-11

TEL 0743-78-0552

FAX 0570-068-068

http://www.takayamaseika.co.jp/itiran.html

↑ 高山製菓のころもちの詳細は、こちらからご覧ください

http://www.takayamaseika.co.jp/purchase.html

↑ 注文に関してはこちらからご覧ください

http://www.takayamaseika.co.jp/carriage.html

↑ 納品・送料に関してはこちらからご覧ください

かりんとう (東京 ゆしま花月)

スカイツリー

東京で昭和22年創業のゆしま花月は、現在、かりんとう、揚げせんべい、あられなどの製造販売をしていますが、元々は駄菓子屋さんだったそうです。

東京には、かりんとうが有名なお店がたくさんあり、ゆしま花月はかりんとう御三家と呼ばれる三軒のうちの一軒です。

東京のかりんとう御三家の味をお取り寄せ。是非、お試しを。
東京には、おいしいかりんとうのお店がたくさんあります。 中でもおすすめがかりんとう御三家と呼ばれているかりんとう小桜、...

かりんとう御三家のかりんとうを三軒とも試したことがありますが、それぞれの味があり、どれもおいしかったです。

ゆしま花月のかりんとうは、外側がカリっとしていて、内側がサクッとした食感です。

20代前半に初めて食べて忘れられない味でしたが、その後も何度か食べる機会があり、その度に感動しています。

お遣い物に便利な箱詰めのセットや、おすそ分け、自宅用としてうれしい袋入りがあります。

かりんとうの賞味期限:製造より2か月

かりんとう ゆしま花月

東京都文京区湯島3-39-6

営業時間 

月曜~金曜  9時30分~20時

土・日・祝  10時~17時

定休日    不定休 

TEL 03-3831-9762

FAX 03-3837-0611

http://www.karintou-kagetsu.com/product

↑ ゆしま花月のかりんとうの詳細は、こちらからご覧ください

http://www1.enekoshop.jp/shop/karintou-kagetsu/

↑ かりんとうの注文に関してはこちらからご覧ください

陸乃宝珠(宗家 源 吉兆庵)  夏季限定品

ブドウ

※写真はイメージです

宗家 源 吉兆庵陸乃宝珠(りくのほうじゅ)は、おいしい果物の産地としても有名な岡山県で採れたマスカット オブ アレキサンドリアが一粒丸ごと求肥で包まれています。

表面には砂糖がまぶされていますが、種入りのマスカット オブ アレキサンドリアが使われているため甘味と酸味のバランスがちょうどよく、全体の味が甘すぎることはないと感じます。

ちなみに、種なしの場合は甘味が強いそうです。

使用されているマスカット オブ アレキサンドリアは、自社栽培されているものを使用しています。

(2018年8月29日追加)

求肥が分厚くないのでやや小ぶりですが、果実がみずみずしくぜいたくな味で、一つ食べると十分満足します。

夏期限定で数量も限定という貴重な和菓子なので、早目の注文をおすすめします。

機会がありましたら是非、お試しください。(販売期間:5月上旬~9月中旬)

陸乃宝珠の日保ち:4日間(商品発送から賞味期限までのおおよその日数)

宗家 源 吉兆庵

フリーダイヤル 0120-558-816

電話の受付時間 10時~17時30分 (日曜・年末年始のぞく)

https://www.kitchoan.jp/online_shop/products/detail.php?product_id=2215

↑ 宗家 源 吉兆庵の陸乃宝珠の詳細は、こちらからご覧ください

https://www.kitchoan.jp/online_shop/products/detail.php?product_id=2215

↑ 陸乃宝珠は、直接注文もできます

霜ばしら (宮城県仙台市 九重本舗玉澤)   冬季限定品

雪の結晶

最後は、宮城県仙台市で300年以上続く老舗の九重本舗 玉澤霜ばしらです。

見た目は絹糸をきれいに並べたようにも見え、口に入れるとすっと溶けます。

壊れやすいデリケートなお菓子なので、衝撃、熱、湿気に弱いそうです。

お取り寄せをして食べたときの、ほろほろと崩れやすい繊細さと優しい味が印象に残っています。

私は、霜ばしらしか食べたことがないのですが、晒よし飴というよく似たお菓子もあります。

霜ばしらと晒よし飴の材料は同じで、ひとつの大きさが晒よし飴の方が2回りほど大きいようです。

大きさが違うだけでくちどけが違うようですので、興味がある方は食べ比べも楽しいと思います。

冬季限定品で、10月から翌年4月までの販売です。

また、人気商品なので、注文してから届くまで日にちがかかることがあるようです。

霜ばしらの賞味期限:3か月

九重本舗 玉澤

TEL 022-246-3211  受付時間 月~土曜日 9時~17時 

FAX 022-246-3585  24時間受付

http://www.tamazawa.jp/body_products_shimobashira.html

↑ 九重本舗 玉澤の霜ばしらの詳細は、こちらからご覧ください

http://www.tamazawa.jp/main.html

↑ 注文方法に関してはこちらからご確認ください

スポンサーリンク‹br›

まとめ

番傘

いかがでしたでしょうか。

和菓子といっても甘いものやしょっぱいものなど種類がたくさんあり、またお取り寄せしたくなるものばかりでした。

お店によっては、限定品や注文してから届くまで日数が必要なものがありますが、家に居ながらにして遠く離れた東京や他府県のおいしいものを食べられるのは、お取り寄せの醍醐味です。

ご紹介したのは、お遣い物にもおすすめですが、自宅用にお取り寄せをした和菓子と好きな飲みでぜいたくな時間を過ごすのも一つの楽しみだと思います。

毎年6月16日は、全国和菓子協会により制定された和菓子の日です。(1979年~)

是非、この機会においしい和菓子を見つけて堪能してください。

参考になれば幸いです。

※味に関しては私個人の感想ですが、賞味期限や販売期間などは各会社のホームページを参照しました。(2018年6月現在の情報です)

注文方法や商品に関しての詳細等に関しては、各ホームページをご参照ください。

スポンサーリンク‹br›

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする