食べたいものを食べるのが実は健康という話。思考と姿勢がポイント。

リンゴ

一週間夕食断食と舞茸ダイエットをして以来、体質改善を心がけています。

【夕食断食】で血流を見直したら、食べることの概念が変わった。
先日、堀江昭佳先生の著書『血流がすべて解決する』を読み、一週間の夕食断食に感銘を受け、実行してみました。 夕食断食...

↑一週間夕食断食に関してはこちらからご覧ください

【舞茸の栄養効果】は想像以上だった。一度に食べすぎには注意。
最近は、スーパーマーケットなどで季節に関係なく年中同じ野菜を購入することができますね。 中でも、キノコはくせがないので...

↑舞茸の栄養に関してはこちらからご覧ください

舞茸ダイエットの『腸の掃除』でお肌も健康的に‼ 
こんにちは。アイビーです。 先日、一週間夕食断食を無事に終えました。 ↑ 一週間夕食断食に関してはこちらからご覧ください...

↑舞茸ダイエットに関してはこちらからご覧ください

これまでに一週間断食や舞茸ダイエット以外のダイエットもしたことがありますが、目標体重に届く前に何度も途中で挫折してきました。

年齢と共に新陳代謝が悪くなり、痩せにくくなってきます。

注)私は、医師から特に食事制限は受けていません。

病院にかかっている方や食事制限がある方は、健康上、ご参考までに留めていただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク

食事と思考と姿勢の関係

たくさんのビー玉

病気ではないのに年々体重が増えて体型が変わるのは、これまでに食べてきたもの運動不足が一因でもあるのでしょうが、実は食事中の思考も重要なのです。

例えば、食事を美味しく摂るのと、マイナスなことを考えながら摂るとでは、食事の味わい方が全く違います。

食事は、美味しく摂っていれば自然と美しい姿勢が保たれるので、健康的に消化してくれます。

反対にマイナスなことばかり考えながら摂っていると無意識に姿勢が悪くなり、思うようにうまく消化できずに胃腸が痛くなったり便秘になったりもします。

毎日無駄な思考と共に食事を摂る生活が続くと、体には消化できなかった無駄な思考が体外へ排出されずにぜい肉となってたまってしまうのです。

理想的なのは、嫌な人間関係などのストレスをためずに過ごしたり、その都度問題を解決しながら生活することでしょうが、中には思うようにはいかないこともあります。

それでも、食事の時間はマイナスなことを持ち込まないことが楽しい時間を過ごせますし、健康的です。

良くないことは、ついついくせになりやすいので気を付けましょう。

健康的な食事に、ストレッチやウォーキングなどの適度な運動を合わせるだけでも、さらに効果的です。

がんばりすぎない程度のいい習慣を毎日取り入れたほうが、5年後・10年後も若々しく、前向きでいられると思います。

自分で選んだものはおいしく摂る

スイーツ

カロリーが高い食事や美味しいスイーツを『太るだろうな』と思いながら食べるのもカラダとココロにはよくありません。

自分で自分にストレスを与えながら食事や間食をしている状態です。

それらがストレス太りと呼ばれる状態になります。

自分で選んだ好きな食べ物は『美味しい~♡』と味わって食べるのが一番です。

ただし、食べる量は時に加減が必要です。

私も経験がありますが、体型が崩れると好きな洋服が着られなくなり、何を食べても罪悪感を感じます。

もし、痩せたらこのストレスの比重はだいぶん軽くなります。

それは十分わかっています。

カラダとココロが軽くなるのは当然のことです。

では、どうやって痩せるか?

なぜ太ってしまったのか?

いつから太り始めてしまったのか?

自分を責めたり、過去にとらわれてしまいます。

それらは無駄な思考なので、食事中だけは考えないほうがいいです。

無駄な思考は、食事中に持ちこまない

たくさんの料理

私は20代の頃、今と比べるとだいぶん痩せていました。

ところが勤めていた会社が毎日仕事が忙しく、いつも疲れていて、食事中に毎日無駄な思考と共に食事を摂ってきました。

そんな生活を送っていた結果、2年程前に退職した今でも、その頃にうまく消化できずにぜい肉となってまとわりついている無駄な思考をそぎ落とす日々です。

このぜい肉をそぎ落とすのは難しかったのですが、最近は少しづつ効果が出ています。

無駄な思考を食事中に持ちこまずに、違うタイミングで無駄な思考の整理をしているおかげだと思います。

思考に関する別の話になりますが、先日、ある方から物事の見方の角度を少し変えただけで考え方がずいぶん変わるということを教えていただきました。

その時は食事中ではなかったのですが『そういう考え方があったのか』と気づかせてもらい、とてもすっきりした気分でした。

たまたまかもしれませんが、その日の夜の体重は、前日の夜よりも落ちていてびっくりしました。

食事の量は、前の日よりも多く食べたはずなのにです。

恐らく、無駄な思考の逆の意味の必要な思考の話を聞き、納得したからだと思います。

食事中の明るい思考は大歓迎!そして食べたいものを食べる!

書店

食事に関して、心がけたいのは先ほどもあったように食事中の思考姿勢です。

同じように食べる量も肝心です。

たとえその日に何か嫌なことがあっても、食事中はそのことに関することは考えないことをおすすめします。

面白いことやうれしいこと、楽しいことは大歓迎です。

時には、痩せたら着てみたい服や、明日食べたいもの、行ってみたいところや、今度の休日の予定、見に行きたい映画などなど、ワクワクすることがおすすめです。

量に関しては、いくら食べたいと言っても食べ過ぎては逆効果です。

適量を心がけ、美味しいものを少しずつという感覚がちょうどよいと思います。

私はお酒を飲まないので、あまり詳しくないのですが、体と相談しながら適量飲むのは悪くないと思います。

ただし、飲んだとしても”飲まれない”ように気を付けてください。

私は、どちらかというと甘党なのでスイーツを時々食べます。

食べたいものを食べるようにしてからは、スイーツを食べるときも『これ食べたら太るだろうな~』という想像はせずに素直に美味しくいただいています。

もし気になる場合は、午前中に食べることをおすすめします。

スイーツを我慢してストレスを感じるぐらいなら、たまに食べる方が逆にいいです。

スポンサーリンク

まとめ

書籍

いかがでしたでしょうか。

これまでのことをまとめてみました。

参考にしていただけると幸いです。

・食事中の無駄な思考は、ぜい肉のもと。(カロリーが高いもの・糖分が高いスイーツなどが食べたいときは、『美味しい』と味わって食べる。『体重が増えるかも?』という罪悪感も、無駄な思考の一つです。)

・食事中は正しい姿勢で摂る。

・量やタイミングを考えながら、食べたいものを食べる。(ただし、食事の栄養バランスは必須です)

・ストレッチやウォーキングなどの適度な運動を合わせると、さらに効果的。

※”食べたいものを食べる=食べ過ぎてもよい・栄養バランスは考えなくてもよい”ということではありませんので、カラダと相談して必要な栄養は摂ることをおすすめします。

私が思うダイエットのイメージは、『痩せる‼』と決心したら気負い高い目標などを掲げてその日から違う人みたいにジョギングをしたり、ジムに行ったり、生活を変える覚悟で頑張るようなイメージがあります。

否定するわけではありませんが、実際に体重は減りましたがその後が続きませんでした。

目標の体重に届くと、後でリバウンドをしてしまったり、ふとしたきっかけで元の生活に戻ってしまう可能性があります。

私の場合は、今まで我慢してきたからと、これまで食べられなかったものを食べたり、『少し前まで自分のカラダについていたあのお肉はどこへ行ったんだ…?』と訳の分からない疑問が浮かび、あれほど嫌がっていたぜい肉がまた自分のところへ戻ってきてしまいました。

多分、自分のカラダの変化にココロがついていけなかったのだと思います。

楽しく正しい姿勢で食事することは普通のことかもしれませんが、新たに何か道具をそろえる必要がなく、自分の気持ち次第なのでとても楽です。

食事は毎日することなので、楽しく栄養を摂ってカラダとココロの健康を目指してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする